中国ビジネス・生活・歴史の総合情報サイト チャイナスタイル

ChinaStyle.jp

中国ビジネス 中国生活 歴史・文化

中国で生活・仕事をするにあたって注意すべきイベント日

更新日:

 

中国で仕事をするにあたって絶対に知っておくべき、日中の歴史上の注意日・危険日と、ビジネスに大きな支障が出るくらいの注意日をまとめてみた。日中関係が悪い時にはこの前後に反日デモが起こったり、日中関係が良くても、中国のテレビでは関連報道が大量になされるため反日感情が高まりやすくなる。是非頭に入れておくと良いだろう。

 

日程一覧と解説

 

 

4月5日 第一次天安門事件(四五)

 

89年の天安門は有名であるが、天安門事件は2回あったという事は覚えておくべき。1976年に亡くなった周恩来を偲んで30~50万人ともいわれる人民が天安門に集まり周恩来に花を捧げた。公安が献花を撤去すると、そもそも文革の行き過ぎを批判していた周恩来が4人組の妨害で十分な治療を受けられずガンで亡くなったということもあり、文革非難に発展。1万人の民兵と3000人の武装警察が出動し鎮圧。

 

5月4日 五四運動

 

1919年5月4日、北京大学の学生を中心に行われた反日街頭行動に端を発し全国的な規模に拡大した日本帝国主義反対運動。 労働運動、農民運動など大衆運動の出発点となり、現代中国の史学では新民主主義革命の始まりとして重要な位置付けとなっている。

 

5月9日  対華21ヶ条要求の承認(国辱記念日)

 

1915年に日本からの対華21ヶ条要求を袁世凱政権が承認した日で、中国で国辱記念日となっている。対華21ヶ条要求とは、中国山東省の旧ドイツ利権の継承に鉄道新線要求など4ヵ条、旅順・大連の租借期限と満鉄安奉線の租借期限の99ヵ年延長と満蒙における日本人商租権など7ヵ条、漢冶萍煤鉄公司(中国最大の製鉄会社)の日中合弁要求、中国沿岸港湾および島嶼の不割譲。

 

6月4日 第2次天安門事件(六四)

 

1989年に改革派であった胡耀邦元総書記の死去を発端に学生が中心となり民主化を要求。デモは100万にまで膨れ上がり、北京に戒厳令がしかれ、6月4日に軍隊が投入されてデモ隊を鎮圧した。数千人が亡くなったと言われているが詳細は不明である。中国国内では6月4日が近くなるとネットの規制などが特に厳しくなる。天安門事件は現代中国の最大の暗部である。

 

7月7日 盧溝橋事件

 

1937年に北京市近くにある盧溝橋という橋で起こった日本軍と中国軍の衝突事件。この事件をきっかけに日本と中国は本格的な戦争状態に突入していくことになるため、日中近代史において大変重要な日となっている。盧溝橋事件発生後に事態を収束するチャンスは何度もあったが、いずれも実現しなかった。

 

8月1日 健軍記念日

 

1927年に発生した南昌蜂起を期に人民解放軍が創設されたことを記念する日。南昌蜂起とは、第一次国共合作が破たんしたのち、共産党が国民党に対して行った軍事的な反乱。この蜂起自体は南昌を維持できずに失敗に終わっているが、共産党にとっては重要な日で、軍隊の徽章に”八一”と入っているのは、この日を記念したもの

 

8月15日 日本の終戦記念日

 

終戦記念日の定義は各国によって違うのであるが、ポツダム宣言受託は14日、昭和天皇が国民に無条件降伏を宣言したのが15日。日本は15日を終戦記念日としている。韓国も15日が解放記念日となっている。欧米ではポツダム宣言調印の9月2日を終戦日としている。中国は9月3日。

 

9月3日 抗日戦争勝利記念日

 

ポツダム宣言の調印が9月2日で、岡本大将との降伏文章調印が9月9日なのであるが、なぜか中国の抗日戦争勝利記念日は9月3日となっている。ポツダム宣言調印の翌日が、新たな始まりの日という理解だろうか。

 

9月11日 尖閣諸島国有化

 

2012年9月11日に日本国政府が尖閣諸島を購入し国有化し、大きな反日デモが起こった日。最近では日中関係の良化に伴いあまり気にしなくても良い日になりつつある。

 

9月18日 柳条湖事件(九一八事変)

 

1931年に奉天(現在の瀋陽市)付近の柳条湖で日本が所有する南満州鉄道の線路が爆破された事件。この事件がきっかけに、日本は満州を占領し満州国を建設した。

 

10月1日 建国記念日(国慶節)

 

1949年に天安門広場で中華人民共和国の建設が宣言された日。中国中が祝賀ムードに包まれるが、共産党は抗日戦争の勝利を国家統治の正当性としているため、一応の注意は必要な日。

 

12月9日 一二九運動

 

1935年12月9日に北京の学生を中心に行われた内戦の停止や抗日運動の弾圧反対に対する学生運動を記念する日。抗日運動、民族意識の高まりを全国的に促し、歴史的意義は非常に大きかったと言われている。

 

12月13日 南京大虐殺犠牲者国家追悼日

 

1937年中華民国の首都であった南京を日本軍が2カ月間にわたって攻撃した際に発生した犠牲者を追悼する日。12月13日は南京が陥落した日。ちなみに、2015年には南京大虐殺に関連するドキュメントがユネスコの記憶遺産となっている。

 

まとめ

 

というわけで、ざっと見てきたのですが、最も注意すべきは6月4日天安門事件と夏の一連の日中戦争関連である。日系企業としては夏は大きなパブリシティーを避けるというのは基本動作になるので覚えておくとよいでしょう。

 



-中国ビジネス, 中国生活, 歴史・文化

Copyright© ChinaStyle.jp , 2020 All Rights Reserved.