中国ビジネス・生活・歴史の総合情報サイト チャイナスタイル

ChinaStyle.jp

中国生活

北京日本人学校の秋の運動会 詳細と写真、参加のポイントなど

投稿日:

 

2019年9月7日(土)に北京の日本人学校で行われた運動会に行ってきましたので、その様子を写真中心にご紹介します。北京日本人学校の情報はなかなかネットで出てこないため、初めて参加される親御さんの参考になるようにアドバイスなども書いておきたいと思います。

 

まず、時間割から。朝、8:35から開始し、ほぼ丸一日開催されます。終了は15時過ぎくらいになります。北京日本人学校は小学校と中学校が併設されており、運動会も一緒に開催されます。生徒数は320人程度です。なお、お弁当は親が持っていき、お昼は子供と一緒に食べます。

 

なお、子供たちはいつも通りの通学方法(マンションからの登校用バスなど)で登校します。大人は指定された時間までに各自学校に行くのですが、8:30からの開始で、門が開くのが8:10からと指定されていました。6時くらいから並んでいた親御さんがおられたようですが、日本のように前日の夜から場所取りをする、というような大げさなことはありませんでした。遅くいっても適当に良い場所に座れますし、写真撮影に困るようなこともありません。

 

それまで涼しかったのが嘘のよう。この日は快晴過ぎて、34度まで気温が上がりました。暑すぎてぐったり!!

 

このような暑さの中、子供たちは頑張って一生懸命な演技を見せてくれました!

 

暑すぎて、どちらかというと観戦に訪れた大人たちのほうがぐったりしていました(笑)グラウンドから体育館や日陰に避難していました。

 

子供たちの休憩所にはテントが張ってありました。

 

みんな暑すぎて日陰に隠れています。場所取りをするなら、最初からこの木の下あたりを狙うのがおすすめです。

 

木の下でない場所は、暑すぎてみんな日傘をさしています。カメラ撮影場所は専用の場所が指定されていました。

 

遊具は遊ばないようにテープで封されていました。別に開放してもよさそうな気もしますが。

 

開会式で国旗掲揚式があり、日本と中国の国旗が掲げられます。なお、ハーフの子供も多いので、中国人の保護者やおじいちゃん、おばあちゃんもたくさん来ており、中国国家が流れたときにほっこりした雰囲気が流れていた気がします。

 

容赦なく照り付けるギラギラ太陽!

 

運動場はこんな環境。人工芝で、結構広くて、北京の街中にあるわりにはなかなか良い環境である。

 

校舎はこんな感じ。ちょっと古いが、自分が昔日本で通った小学校とほぼ一緒で、北京の地でこの環境を維持していることに驚きます。

 

運動会の日はトイレなどもありますので、中が解放されます。子供の教室はお昼の時間のみです。

 

体育館も開放されます。

 

中はクーラーがよく効いており、避難所状態になっています(笑)。本当にこの日は暑すぎました。ここでお昼を食べている人もたくさんいました。また、午後には疲れて寝ている人もたくさん見かけました。今回のように暑い日に運動会が開催されたら、まず体育館の場所を確保しておくべきでしょう(笑)

 

体育館の2階に設置されたクーラーが涼し気ですねー。本当に、体育館だけは天国でした。

 

なお、運動会終了後は、子供たちはいつも通りの通学バスで下校してきます。大人と一緒に帰るわけではありません。この辺は海外ならでは、という感じでしょうか。

 

以上、北京日本人学校の運動会の模様でした。何か質問があればツイッターかコメント残してくれれば可能な限り返事差し上げます。

 



-中国生活

Copyright© ChinaStyle.jp , 2020 All Rights Reserved.