中国ビジネス・生活・歴史の総合情報サイト チャイナスタイル

ChinaStyle.jp

中国ビジネス 中国生活

中国で銀行口座を持たない日本人旅行客が携帯バーコード決裁AliPay(支付宝)を使用する方法

更新日:

 

2019年11月からどうも中国に銀行口座を持たない日本人旅行客(外国人旅行客)でも携帯の2次元バーコード決裁であるAliPay(支付宝)を使用できるようになったようですのでその方法を詳細解説したいと思います。

 

※情報は2019年11月5日現在にものです。中国はルールが良く変わるため、使用できなくなっていたらTwitterなどで教えて頂けると助かります

 

ココがポイント

仕組みを簡単に説明しますと、

・Alipayのミニアプリで上海銀行のプリペイドカードを作る

・Alipayの支払い元に上記で作ったプリペードカードを指定する

という簡単なものです

 

Alipayのミニプログラム「Tour Pass」の登録方法

 

使用できるようになったのはAlipayになります。私の携帯は中国語版なので支付宝という表示になっていますが、通常だと英語表記になっているはずです。まずはアプリを立ち上げます。

 

アプリを開けて、最初の画面の上の検索窓で「tour pass」と打って検索をかけます。

 

するとこのような画面が出てくるため、Tour Passをタッチする。

 

Tour Passの画面になるため、プリペイドしたい金額を選ぶ。なお、後でも解説するが、有効期限があるため、使いきれる範囲の金額を選択することをお勧めする

 

以下のような画面が出てくるので必要な情報をインプットする。なお、私は最初、携帯の言語設定を英語にしていたら、国の選択で何故か「Japan」が出てきませんでした。中国語設定に変更したら選択できるようになりました。

 

ちなみに、VISAの写真アップロードを求められる画面があるが、日本人の旅行客はノービザで中国に入国できるためちょっと迷うかもしれないが、サンプルの一番下のところに説明がでている。

ここを見てみるとようはパスポートの写真のページをアップロードすればよいという事なので、写真を撮ってアップロードする

 

以上の手続きが終わるとプリペイドカードへのチャージが終了する。画面にちゃんと金額が出ているのですぐに分かるはずである。金額の下に有効期限が出ているので気を付けておくとよい。有効期限は入金から3カ月のようです。使わなければ払い戻しされる、という情報もあるのですが、実際にどうなるのかまだ不明です。

 

AliPayの支払い元の設定方法

 

以上でプリペードカードの準備は整ったので、Alipayのトップページに戻ってPay(付銭=支払い)の画面を選択する。

 

すると2次元バーコードの下にどこから支払うかを選択する部分があるので、今回の上海銀行のプリペードカードを選択すると旅行者でもAlipayが使用できるようになる

 

Alipayのトップページに「Tour Pass」を表示させる方法

 

以上で、基本的な設定は終了しましたが、Alipayのトップページに「Tour Pass」を表示しておいたら、残りの金額が幾らあるのかなどを調べる際に便利なのでその方法を説明しておきたい。

 

トップページの「更多」(英語版ではMore)の部分にTour Passを表示する方法です。まず、このMoreの部分をクリックします。

 

すると、下のような画面が出てくると思いますので、近使用したアプリのところにでている「Tour Pass」を長押しします。すると、トップページにAddするという選択肢が出てくるので、これをクリックします。

 

するとトップページに「Tour Pass」が表示されました!これで便利になりますね!

 

まとめ

 

以上、結構、簡単な操作でAlipayを使用できるようにるので、是非友人にも教えてあげてください。

 

私は日本からくる出張者や友人が中国のバーコード決裁を使用できずに、いつも立替払いをしていて面倒くさかったので、友人にバンバン教えようと思っています(笑)

 

あと、近いうちにWechat Payでも国際クレジットカードが使えるようになるようですので期待して待ちましょう。

 



-中国ビジネス, 中国生活

Copyright© ChinaStyle.jp , 2020 All Rights Reserved.