中国ビジネス・生活・歴史の総合情報サイト チャイナスタイル

ChinaStyle.jp

写真集 歴史・文化

【写真】1906年当時の北京の乗り物特集

更新日:

 

1906年というとまだ清朝の時代。アメリカでは1908年からT型フォードの量産が始まっていたものの、日本や中国ではまだあまり自動車は普及していなかった。では、どのような乗り物が主流だったのか?今回はその貴重な写真を見てみたい。

 

大型の馬車の様子。貴族が乗るような馬車ではなく、もっとグレードが低いもの思われる。それでも、なかなか快適そうである。

 

人力車。浅草の雷門のあたりで見るものとあまり変わらない。乗っているのは貴族の婦人と子供のようである。

 

人が担いで運ぶ”こし”。江戸時代の時代劇を見ていると良く出てくるあれの中国版である。おそらく偉い人が乗っているのであろう。

 

ラバのこし。装飾を見る限りはそんなに豪華な感じではない。中国ではラバがよく使われるのであるが、ロバと馬を掛け合わせたラバは体が丈夫で粗食に耐え、病気や害虫にも強く、足腰が強く脚力もあり、蹄が硬いため山道や悪路にも適しているらしい。睡眠も長く必要とせず、親の馬より学習能力が高く調教を行いやすい、とても経済的で頑健で利口な家畜である。

 

一頭引きの馬車。装飾を見る限りではそこそこ豪華である。

 

ラバにまたがる満州族貴族。写真を見る限りはかなりの小型である。

 

台車。諸葛孔明が発明した木牛(長柄をつけた四輪の車)、流馬(一輪車)のようなものであろう。

 

おまけ1音楽隊。なんか大きなベルのようなものが気になる・・・。

 

おまけ2散髪。辮髪を結うのは結構大変だったはずである。

 



-写真集, 歴史・文化
-,

Copyright© ChinaStyle.jp , 2020 All Rights Reserved.