中国ビジネス・生活・歴史の総合情報サイト チャイナスタイル

ChinaStyle.jp

中国ビジネス

中国の最新省別GDPを世界各国と比較、国家レベルのGDPの省が続出

更新日:

中国のGDPが世界2位になってからすでに久しいのであるが、その経済規模の大きさを実感している人は少ないため、今回はそのインパクトを数字とランキングで見てみたい。なお、中国のGDPはすでに日本の2倍以上、3倍近い数字でありながらGDPはまだ6%以上という高成長を続けており、日本との差は開き続けるばかりである。なお、1年でほぼオランダ(7,712憶ドル)と同等のGDPが中国で生まれていると考えるとそのインパクトがわかりやすい。

 

ランキング1~10位

 

最初にトップ10を見てみると、米国と中国のGDPが突出しているのがわかる。日本も頑張ってはいるが、中国とはすでにダブルスコアである。その昔、日本のGDPがアメリカを追い越す、と言われていた時代が懐かしいものである。2位グループはやはり日本とドイツであり、5位の英国以下にまたかなりの差をつけている。第10位のカナダは中国のGDPのほぼ10分の1となっており、トップ10とは言え格差が激しいのがわかる。なお、中国の省別では、トップ10にはまだ姿を現さない。

 

順位GDP(億ドル)
01米国185,691
02中国112,067
03日本49,386
04ドイツ34,666
05英国26,292
06フランス24,632
07インド22,564
08イタリア18,507
09ブラジル17,986
10カナダ15,292

 

ランキング11~20位

 

さて、11位以下を見てみると、韓国が11位ということでロシアより上位で健闘していることが分かる。なお、ここまでくると中国省別GDP無双がはじまる。広州市や深センを抱える中国製造業の中心地である広東省と、杭州の浙江省がほぼスペインと同等、メキシコやインドネシア、トルコなどより上位に食い込んでいる。また、山東省などパッとしないイメージがあるもののインドネシア一国よりも上位にきている。さらにパッとしないイメージの河南省はなんとアルゼンチンや台湾より上位となっているのは驚きである。

 

順位GDP(億ドル)
11韓国14,112
12ロシア12,807
13オーストラリア12,590
14スペイン12,326
広東省11,975
浙江省11,459
15メキシコ10,460
山東省10,092
16インドネシア9,324
17トルコ8,574
18オランダ7,712
浙江省7,001
19スイス6,599
20サウジアラビア6,396
河南省6,048

 

ランキング21~30位

 

ここまでくるるとさらに中国の中でもマイナーなイメージのある内陸の省がどんどん食い込んできている。オーストリアやイランは大国のイメージがあるのであるが、それらよりも四川省などのほうがGDPが大きくなっている。また直轄市である上海はタイよりも上、北京でさえアラブ首長国連邦よりも上位となっている。

 

順位GDP(億ドル)
21アルゼンチン5,451
22台湾5,286
23スウェーデン5,114
四川省4,922
湖北省4,864
河北省4,793
湖南省4,706
24ポーランド4,676
25ベルギー4,670
福建省4,295
上海市4,136
26タイ4,069
27ナイジェリア4,060
28オーストリア3,868
29イラン3,768
北京市3,750
30アラブ首長国連邦3,714

(データ出典:JETRO、2016年)

 

まとめ

 

ビジネスをするにあたって中国を1つの国としてみると大間違いである。一つの省で世界の大国といわれている国よりもGDP規模が大きく、ビジネスやマーケティングを行うにあたっても、やはり地域戦略が非常に大切になってくる。特に日系企業は本社を北京や上海に置くことが多いのであるが、経済規模でみると広東省(広州市や深セン)への戦略をしっかり考えておかないといけない、ということになる。

 

もちろん、成都や重慶、武漢などの内陸部の急成長都市へもしっかりと対策を打たなければいけない。

 

中国の国土は日本の26倍であり、日本の画一的なマーケティング手法が通じにくいのも、この日本を圧倒する規模感であると肝に銘じておくことをお勧めする。

 



-中国ビジネス

Copyright© ChinaStyle.jp , 2020 All Rights Reserved.