中国漫画・ビジネス・生活・歴史の総合情報サイト チャイナスタイル

ChinaStyle.jp

写真集 歴史・文化

【写真】1949年初頭 解放直後の北京市の貴重なカラー写真

更新日:

 

今回は1949年の解放されたばかりの北京(当時は“北平”と呼ばれていた)のカラー写真を見てみたい。

 

ちょっと当時の経緯をおさらいしてみると、1949年1月21日、国民党は北平(当時は北京の名前は北平であった)からの平和的な撤退を決定。22日には調印が結ばれ住民に発表された。撤退は31日までに完了され、共産党の人民解放軍が入城した。

 

北平からの平和的な撤退は偉大な功績であると言われている。

 

このころには国民党と共産党の戦闘の大勢は決していたものの、国民党もまだまだ大きな軍隊を持っており、戦闘がおこっていれば大きな被害が出ていたと思われる。なお、この撤退は“北平方式“と呼ばれて、四川や新疆、雲南などでも踏襲され、余計な戦火を避けて、歴史的な建造物を守る事ができた、と評価されている。

 

電車のレールがあるため前門だと思われる。たくさんの人が往来し平和な様子であることが伺える。

 

多くの車も行き来しているが、これは軍隊のものであろうか。

 

おなじく前門と追われる通り。共産党の五星紅旗が多く掲げられており、長い戦乱の終結が歓迎されていたと思われる。

 

馬車や荷台、自転車も多く走っている。

 

駅にも五星紅旗と共産党の旗が大きく掲げられている。

 

<合わせて読みたい>

【写真】中国建国70周年企画 1949年中国の開国大典(建国記念式典)の貴重なカラー写真

  2019年の今年は中国建国70周年ということで、建国記念日となる10月1日の国慶節では様々な行事が予定されている。それでは、1949年に中国が建国された時はどんな様子であったのか?日本人 ...

続きを見る

 

 



-写真集, 歴史・文化
-,

Copyright© ChinaStyle.jp , 2020 All Rights Reserved.