中国ビジネス・生活・歴史の総合情報サイト チャイナスタイル

ChinaStyle.jp

写真集 歴史・文化

【写真】清朝の刑罰、単純そうに見えて実は過酷で残酷な刑罰

更新日:

 

清の時代には、江戸時代と同じように、まだまだ旧来の拷問のような刑罰が多く残っていた。日本では中々見ることができない古い写真を見つけたので解説と一緒に紹介したい。

 

清の時代によく行われた刑罰らしい。一見きつそうには見えないが、立つこともできず、座ることもできずで、数日このままだと大変な苦痛だったらしい。

 

写真は1900年頃、義和団のメンバー。食べ物を与えられず、このまま餓死するまでさらし者にされたという。

 

 

清の時代にはこのように何人かが一緒に繋がれることが多かったようである。盗難防止の意味があった。

 

厚くてでかい木の板を被せられ、食事を取ることもできない。

 

一見は苦しくなさそうであるが、足元に置かれた三枚のレンガは一日一つづつ取り除かれ、3日後には絞首刑のような状態になるとのこと。

 

義和団の刑罰風景。凌遅刑にかける準備らしい。なお、この刑罰残酷すぎるので、詳細を知りたい方はウィキでもご覧下さい。

 

女性三人が一緒に捕まっている。

 

これは子供であろうか。

 

イギリス租界で撮られた写真。インド人の警察につかまった4人の中国人。

 

 



-写真集, 歴史・文化
-

Copyright© ChinaStyle.jp , 2020 All Rights Reserved.