中国ビジネス・生活・歴史の総合情報サイト チャイナスタイル

ChinaStyle.jp

管理人ブログ

ツイッターで「いいね」数日別日本1位獲得!3日で20万いいねと1000万インプレッション!効果とバズる技術をご紹介

更新日:

私は基本的にブロガーなので、ツイッターはブログでの投稿を拡散するために使用している。しかしながら、ツイッターのフォロワーを増やすために、毎日、中国の画像などを少しづつではあるが投稿している。

特にバズることを目的に書いているわけではないが、あまりにも見られる数が少ないのも寂しいので、多少は意識をしている。今回、何気なく投稿したツイートが大きくバズり、3日間で約20万いいね、6万リツイート、1000万インプレッションを獲得し、なんと日別ランキングでは日本国内で1位となった。

今回はその経緯と、国内1位となるほどバズるとどうなるのか、またバズる技術をご紹介したい。

 

日本1位獲得までの経緯

 

まず最初に、今回バズった内容を掲載しておく。

 

<リンク>

 

私のツイッターのフォロワーは当日で2400人ほどで、いつも通り、中国のサイトを見て気になった内容などを転載してツイートしていた。

 

10月16日の19時くらいにこのパンダのお尻写真を投稿したところ、明らかにいつもと違うくらい多くのいいね通知がバンバンなり始め、最初の1時間で500くらい、その後はあまりにもうるさいので通知をオフに。その日寝る時で3800いいね、翌日の朝には3万、昼には6万、夜の6時にはついに10万を突破してしまった。

 

翌日の夜には20万となり、その後は徐々に少なくなるもののそれでも1日1000いいね以上をコンスタントに獲得している。

 

10月16日には日本国内いいね数1位、RT数3位を獲得した。

 

 

それでは20万いいねの効果とは?

 

ツイッターがこれくらいバズるとどのような効果があるのか?20万いいねの効果というものを皆さんに紹介したいと思う。

 

フォロワー数:2400人 → 2700人(1週間後) +300人

 

20万いいねでこれは意外に少ないと思われるかもしれないが、まあ、こんなものである。私の場合、多い時でも1日30人程度フォローが増加したら良いほうであったので、これは非常に大きい数字である。

 

ただ、一つ言えるのは、バズってもフォローが爆発的に増えるわけではない、という事実である。

 

ツイッターのアプリで簡単に見ることができるツイートアクティビティーの分析を見てみると、

 

 

インプレッション(読者のタイムラインに表示された数):1000万

エンゲージメント(写真を開いたり、いいね、RTした数):160万

 

ということで、普通のツイートであれば、インプレッションは数千いけば良い方なので、1000万という数字は驚異的な数字である。また、エンゲージメント160万回という数字も通常ではありえない数字である。

 

プロフィールのクリック数:2万

 

そして、特に注意しておくべきなのはこのプロフィールクリック数の2万である。要は、興味を持った人が私のプロフィールをクリックして確認しているということであり、やはりプロフィールをしっかり書いて、

 

ココがポイント

  1. ブロガーであればブログへのリンクをしっかり載せておくこと
  2. アピールしたいツイートは「固定されたツイート」でしっかり設定しておく事
  3. また、その下は最後に自分がツイートした記事が来るため、他人のツイートをRTした場合は、自分のツイートをRTして一番上に表示するようにしておく

 

というような事をしっかりとやっておく必要がある。

 

ちなみに、このような効果もあり、私のブログ訪問者は通常の10倍ほどに増えており、しっかりとプロフィールをメンテナンスしておくことの大切さが分かる。

 

どのようなツイートがバズりやすいのか?バズる技術をご紹介

 

ツイッターでバズる技術をまとめたサイトはたくさんあるが、私は「いいねせずにはいられない心に響く内容」「知り合いにシェアしたい知識」というのが最も大切だと思います。ツイッターでは以下のような内容がこれにあたります。

 

ココがポイント

  1. かわいい動物の写真
  2. 子供の写真やエピソード
  3. 美女の写真(ごくまれに美男)
  4. シュール系
  5. 生活、季節のトリビア

 

特に1と2は鉄板の内容で、これをツイートすればいいねがゼロで終わる事はほぼないという事が出来ます。このような原則が頭の中に入っていると、ツイート内容のひとつレベルアップすること間違いありません。

 

まとめ

 

ということで、今回は私が国内いいね1位を獲得したツイートとその効果をご紹介しましたが、皆様の参考になれば幸いである。

 

ちなみに、このような技術を使って、ツイッターを使ってマネタイズしている人もたくさん居り、そちらに興味がある方はツイッターのマネタイズについて詳しく説明しているサイトがありますので、一度ググってみれば良いと思う。

 



-管理人ブログ

Copyright© ChinaStyle.jp , 2020 All Rights Reserved.