中国ビジネス・生活・歴史の総合情報サイト チャイナスタイル

ChinaStyle.jp

中国生活

WeChat Pay(微信支付)への日本クレジットカードの登録方法と問題解決のコツ

更新日:

2019年までは中国の銀行アカウントを持っていないと使えなかったWeChat Pay(微信支付)に、いつの間にか日本のクレジットカードが登録できるようになり、支払いも普通にできるようになりました。19年の11月から使えるようになったという噂は流れていましたが、今回成功したという友人の話を聞いて試してみたところ、実際に成功しました。詳しくはいつから使えるようになったのか分かりませんが、2020年2月現在では登録可能となっています。しかし、私が試してみたところいくつか制限があるようですので、今回は登録方法から気を付けるべきところをご紹介したいと思います。

※情報は2020年2月27日のものです、コロコロ変わる可能性がありますのでご注意ください

 

 

日本のクレジットカード登録方法

 

まだWeChat Payをインストールしていないという方は、WeChat Pay自体はSNSアプリのWeChatの一部機能として使用できるため、まずWeChatを適当にダウンロードしてください。

 

WeChatの「自分」というページを開くと「WeChat Pay」というところがあるので、まずここをタップします。

 

その中に「ウォレット」というところがあるのでこれをタップします。

 

次に「Cards」という部分をタップします。この画面ではBalanceというところにお金が入っていますが、普通の人はここには何もお金が入っていません。

 

すると「カードの追加」という項目が出てくるのでこれをタップします。私の画面にはすでに登録したカードが表示されていますが、初めて登録する人は何も無い状態でカードの追加のボタンのみがあるはずです。

 

次に、カード番号と有効期限(なぜか起源と間違っている(笑))、住所や電話番号、メールなどの情報を入力します。すべて入力しないと登録できないようですので、面倒くさいですがすべて入力しましょう。

 

そうするとカードの画面に日本のクレジットカードが表示されて支払いに使用できるようになります。なお、友達間のお金の送金などはできず、支払いに使えるだけですのでご注意ください。

 

実際の支払いの際には、この画面で「支払方法」に登録したカードを選ぶのをお忘れなく。

 

登録できない場合の対処方法

 

上記の登録の際、もしくは登録自体は出来ても、実際の支払いの際に以下のような画面が出て、支払いが失敗することがあります。

 

「詳細の表示」を押すとこのような画面になります。英語でいろいろと説明が書いてありますが、要は登録したカードが$0.05$のpre-authorization transactionを行うので、この操作を承認しているカードしか登録できない、ということが書かれています。pre-authorizationが何を指しているのか、詳しく調べてもあまり意味がありませんので、とにかく対応していないカードは使えないという事で理解しましょう。

 

では、これを解決するにはどうするかというと、対応しているカードを使うしかありません。私は2枚のカードをためしてみましたが、

  • 楽天ゴールドカード → 使用できず
  • SPGアメックスカード → 使用可能

となりましたので、アメックスの方を登録して使用しています。

 

使えないカードを無理やり使えるようにする対処方法は私の知る限りはないため、使用できるカードを探して使う、というのが唯一の方法になります。

 

日本人がWeChat Payを使えるようになると広がる世界

 

現在、中国では支払いにはほとんど現金を使いません。元気を出すと嫌な顔をされます。中国で現金を使っているのは外国人の旅行者くらいというくらい、中国では携帯決済が普及しています

 

 

さらにやっかいなのは、ホテルを除く市中では、外国で発行されたクレジットカードが使えない場所が結構あります。中国で発行された銀聯マーク付きのクレジットカードは使えますが、外国発行のVISAなどが使えず困るという事が頻発します。

 

また、インターネットでの買い物でもこのWeChat Payが利用できるため、ネットショッピングも可能となります。

 

このようにWeChat Payが使えないと非常に不自由な思いをするため、これを機会に、登録できるカードを探して、登録しておくと中国旅行が非常に便利になりますので是非チャレンジしてみてください。

 

ちなみに、WeChatは中国のITジャイアントであるTencetという会社が提供しているサービスですが、もう一つのIT業界の雄であるAlibabaが提供しているAlipay(支付宝)も昨年から外国人でも利用可能となっています。こちらも登録の際にちょっと面倒くさい操作が必要になりますので、Alipayを使いたい方はこちらのリンクをご参照ください。

 

<内部リンク>WeChatとシェアを2分するAlipay(支付宝)の使用方法

中国で銀行口座を持たない日本人旅行客が携帯バーコード決裁AliPay(支付宝)を使用する方法

  2019年11月からどうも中国に銀行口座を持たない日本人旅行客(外国人旅行客)でも携帯の2次元バーコード決裁であるAliPay(支付宝)を使用できるようになったようですのでその方法を詳細 ...

続きを見る

 

私の個人的な感想では、中国に銀行口座を持っていてフル機能使えるなら、友達と気軽にお金のやり取りができるWeChatの方が便利かと思いますが、外国人はどちらに登録してもあまり変わりありません



-中国生活

Copyright© ChinaStyle.jp , 2020 All Rights Reserved.